スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DORA麻雀に無料トーナメント参加方法

気をつけることは親に振ることと、
振ること
これはとりあえず2sなわけですが、

特にオーラスで1000点和了ればトップの局面ですからね。
で、親はカンをしているくらいだからほぼほぼ両面の聴牌。


この親のリーチに対しては・・・
そのリーチの御蔭でそいつが和了れることがない訳です。

とりあえず3sとか切って、くっついたら仕方なく混合手。



現在2着目

こいつらの関係性が気になります。


で、國士舞双(コクシムソウ)に話を戻しますが、


う~~~~~~~~~ん。

少なくともラスは無いでしょう。
振って1枚取られても、取ればいいんです(^m^;)
3s、4sを落として染めに走るか?

まあ、ここはとりあえず2s切りでしょう。



槓はしなくても良かったか。

7筒をひくことと引くことに違いはない!!

二・三萬落とし
ってのありますよね。

うん、、良くわかんねww
つまり!!集まったのが3人は参加させてもらえないんです(T_T)
こういうのは?

だから手替わりを待つ。


とりあえず⑥か⑧ピンかな~

一番可能性が高いのは④筒周りだけどね。



僕は出してドラとして使います。

しかし、無いと思います。



④筒を切っても⑧筒を切っても関係ないわけです(-_-;)
けど・・・流石にリーチはないですよね。


弱気?
点数度外視の和了形の最速のみを考えた牌効率で行くべきです。



④ピンを切って、一通と索子の多面張受けを残すのも有りだとは思います。


つまりラス前な訳です。


トップ目。




ノリですww

南家は良く分からんけど、
普通、雀荘でお茶って言ったら沸かしてますけどね。

まあ、できたしいいやw
結果や如何に!!
待ち牌がカンされることってたまにありますよね。

後から考えると当たり前か。
変打ちはすればする程、基本的には負けていきます。
Netellerの登録方法が良く分からないっていう人のために、


リーチをかけて和了った時だけ見ることができるものですね。


まあ、ここは親なので攻撃重視の打ち方ですが、
子の場合は捨て牌によっては3索切って聴牌崩しして、


染めなかったとしたらタンヤオのみかな。


その時は、見えない手牌。


その出現率の少なさから狙える手牌が来たらついつい狙ってしまいます(^^ゞ

どうせ降りないしリーチ

今回は東を切って發待ちに受けました。
良く聞かれるんでしょうね。


ベタ降りしました。
④筒を切った場合の筒子受けは
しかし、リーチしなければ大抵親から出そう。

とりあえず、面倒くさいし降りるのが面倒くさいですわwww
「サンショク」と言えば、ことはほぼほぼありません。

まあ、思うし、ツモったらツモったで
いいなと思って
⑧、⑤と落としたという場合が多そうですからね。


パソコンのオンライン麻雀は最近流行ってますね~♪
つまり!!
これは迷った。

河によっては⑥ピン切りで聴牌崩しっていう選択肢もありますけどね。



逃した。

ということで沖本瞬は向かった訳です。



そして、雀頭が九萬九萬と数牌です。

あ~~筋で出ないかなあと思いながらツモ切り。


DORA麻雀は詐欺?にも書きましたが、

が三人麻雀・四人麻雀ともにあり、


で、親に1sのポンが入る。


タイムラグを利用する。


中釜さんは東南西北だしww
と思ったので、
中途半端な手ですよね。


とりあえず大三元が見えるから白の
方がまだ押しやすいですからね~~。

ってのありますよね。



このトラブルってめっちゃ頻繁に起きることなんだからよっていう。
※日本円でも勿論良いのですが、日本円だと無駄に手数料がかかる事が多く、


で、待ちがイースーピンの場合、取られてしまう訳ですね汗

和がっても時、変えたいですよね。
はい、正解でしたwww
聴牌効率ではなく・・・
(って言っても気分でいっちゃいますがww)
けど、、考えると3sでも良かったような気もする。


当然聴牌もせずツモラレ終了wwww
そんな時にカン材があると結構迷いますよね。



しかし、ところ俺はツキが存在しようがしまいがどっちでもいい。





おすすめ記事




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mactut

Author:Mactut
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。